「自信」を持つ方法

こんにちは!寒い日が続いています。

みなさま風邪などひかれていないでしょうか。


私は、昨日から突然の四十肩疑惑…

けっこう運動している方なのになぜでしょうかー(´;ω;`)

ここぞとばかりに動作法やいろんなワークを使って

少しずつ治していっております。


さて、今回は自信について。


「自分に自信がないんです」

「自信を持ちたい」

とおっしゃる方はたくさんいらっしゃるのですが、

なかなか難しいですよね、自信。


でも自信って、簡単に持てるんですよ。




自信というのは、たぶんみなさんが想像しているのは、

「私ならできる」という気持ちではないかと思います。

人前に出るとき、試験を受けるとき、困難を乗り越えるとき。

「私ならできる」と思えると、動揺しなくてすみますよね。


でも、「私ならできる」という気持ちを持つと、

できなかったとき、がっかりしませんか?

「できる」という実績が積みあがらないことで、

「できない」「いつもできるわけではない」という評価になってしまいませんか?

それでは自信とはいえないですよね。


ということは、「私ならできる」というやり方は、

根本的に間違っているということです。

(だって、できないときもあるんだから。)

結果をコントロールできないものに対して自信を持つのは、

そもそも無理なことなのです。


では、どうやって自信を持てばいいのか。


それは、自分に関する自信だけを持つことです。


「何があっても、私は私を責めない」という自信をもつこと。

責めないという、約束を守るという自信を持つことです。


自分の行動や思考に関してなら、自分でコントロールすることができます。


もし失敗しても、自分を責めない。

もしダメだったとしても、絶対に自分を悪く言わない。


そう決めると、物事にチャレンジしやすくなりますし、

なんでかわからないけど、うまくいきやすくなりますよ。


2022年、一緒に自信を持ってみましょう。

読書をしたいとか、英語がもっとうまくなりたいとか、

資格にチャレンジしたいとか、いろいろ目標はあります。


でも、全然達成できなくても、全然オッケー(笑)

だって私を責める私は、いないんだもん!

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示