【超】人生が変わる、疲労回復とは⑥【簡単】

こんにちは!

雨の合間に来る晴れ間が、確実に夏に近づいていますね。


さて、今回はオリジナルや、あまり知られていない疲労回復を

ご紹介したいと思います!


【ゴール】

何も考えずにぼーっとできるようになること


【効能】

寝つきが良くなる

深い睡眠がとれる

日中のだるさが軽減する

「楽しい」「うれしい」という感情が復活する

などなど


【副作用】

なし

でも、このメソッドをした後にすぐ動くと、

ふらつきなどがあるかもしれないので、

軽く体を動かして、意識がはっきりしてから

立ち上がったり歩いたりするようにしてください


【この疲労回復ワークに向いている人】

・めんどくさがり

・やり方をおぼえきれない

・かといって瞑想は苦手

・体を動かすのも苦手


ほんとにね、アロマもヨガも自律訓練法もとても良いんですけど、

辛いときって、それをするエネルギーがないんですよ。。。

すんごく簡単に!かつ効果的に!

私がやって効果があったものを抜粋しています。

科学的な証明はできていませんが、心理学的には十分説明できる

メカニズムによって成り立っています。

今回は、深いリラックスというよりは、

手軽に、日常的にできるものをご紹介しますので、

ぜひ、ためしてみてください。


ワーク1:地に足がついている感じをたしかめる

【方法】

足のうらの感触を感じてみる

【時間】

10秒くらい


以上。

歩いているときや、電車に乗っているとき、座っているとき、いつでも

なんどでも、足のうらの感じを確かめてみてください。

少しずつですが、浮ついた気持ちが落ち着いていたり、人前で焦らず

話せるようになります。


ワーク2:何が見えているかを確かめる

【方法】

「今」、見えているものをひとつひとつ認識していく。

「時計があるな」「花が活けてあるな」「テーブルがあるな」のように。

【時間】

30秒~落ち着くまで


これのコツは、「ジャッジしない」ということです。

「コップがあるな…なんでこんな汚いんだろう…洗えない自分はダメだな」

などと、連想を膨らませないでください。

ただ、「コップがある」ということに注目しましょう。

ひどく動揺したときや、不安にかられたときにとても有効です!




さて、今日は2つのワークをご紹介しました。

どちらも、漢方薬みたいなもので、ゆっくり、ずーっと続けることで

アンハッピーな体質が改善されていきます。

改善された体質は、一生ものですよ!


次回は、深いリラックスを得るためのワークをご紹介します。


なんたって私は眠るのが好きなので、リラックスの方法には自信があります!(笑)

楽しみにしていてくださいね。

13回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示