ただのつぶやき。

こんにちは。今日は雨が降るかとおもいきや、降りませんでした。

代わりに蒸し暑かったー!

ベランダの植物たちも、暑さと湿気を吸って、元気そうです♪


写真中央の鉢は、セージというハーブです。

セージは古くから魔除け、浄化の作用があると信じられていて、

ネイティブインディアンなどの儀式に用いられました。

この葉を乾かして焚くと、遠い異国の神殿にいるような香りがして、

とても心が落ち着きます。


さて、最近、思ったことがあるので、それをつらつらと。


つらい思い、虐待を受けて育つと、幼少期から思春期にかけて、

とても生き急いでしまうことがあります。

年齢よりしっかりした子になったり、どこか諦めたようなところがあったり。

理不尽な「人生」というものに対して、自分で考え抜いて答えをだそうと

がんばっていくからなのでしょうね。


しかし、生き急ぐからこそ、心の一部は成長をとめたままで、

ある日ふと、「あれ?こんなにがんばったのに、人並みになれていない」と感じることがあります。また、栄養(愛情と承認)を十分与えられないまま育ったことによるエネルギー不足に陥り、無気力、引きこもり、職を転々とするなど、社会生活がうまくできなくなることもよくあります。


私は、それをとても理不尽に感じていました。


『かなしい思いをしたからこそ、人にやさしくできる』

『つらい思いを乗り越えたからこそ、素晴らしい人間性を持つことができる』

と世間は言っているのに、がんばってがんばって乗り越えた先に、

まったく未熟なままの自分と、うまくいかない現実が待っている。


つらい思いをしたほうが、未熟で大人になれないなんて。

そんなのおかしい!!と思いました。


くやしいと思いました。

結局、愛されて育ったほうが何もかもうまくいってしまう。

子どもの頃は、ささいなことで言い争い、他人をいじめ、グループで群れていた未熟な人たちのほうが、ふと気づくと大人になっていて、他人にやさしくしたり、気遣いができてしまう。そして、その力があるおかげで周囲に好かれている。自分はそうはなれない。

私自身もですが、お会いするクライエントさんも、同じように理不尽に打ちひしがれているような気がしました。


なんで神様は、こんな理不尽を用意したのだろう。

それは長年私の中で疑問だったのですが、ようやく、最近答えがわかりはじめた気がします。


自分がスタートダッシュで大人にならざるを得なかったぶん、周囲が追いついて、自分を追い越したのなら、

それは『もう、他人に甘えていいんだよ』ということなんだと思います。

次は自分が他人に甘え、お世話をしてもらう番が来たということなのです。


甘え方や、どんなお世話を受けるかは、人によって違うと思いますし、

現実との折り合いをつけながら、ぼちぼちやっていったらいいのかなと思いますが、

まずは、『もう、自分だけでがんばらなくていい。他人のお世話になってもいいんだ』と

自分に許可を出していけるようになると、

人生の第2章が開けるのかもしれないな、と思いました。


そんな感じで、今日はのんびり午後を過ごせました。

私も、少し他人や、愛する人に頼って、お世話になりながら生きていこうと思えた午後でした。

また明日もいいことがありますように!




19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示