人生が変わる、「疲労回復」とは

お久しぶりです。

「怠け者ですいません」的な記事を出してから早や2か月。

本当に怠け者の証明をしてしまいました、うしじまです。




この期間、私の身の回りにいろんなことがあって、

なかなか発信できない、しようとしてもしっくりこない時間がありました。

書きたいことはたくさんあるので、

ぼちぼち、再開していこうかなと思う次第です。





私のような怠け者は良いのですが、

毎日忙しく働いたり、育児をしたり、

何もできなくても、将来の不安や過去の体験にさいなまれたりして、

なかなか「休んでも休んだ感じがしない」ことって、ありませんか?


以前は、私もそうでした。

忙しいのももちろんですが、旅行に行っても、3日間家から出なくても、

「休んでリフレッシュ!明日から頑張るぞ!」

って気持ちになったことがなかったんです。


連休明けはいつもゆううつだし、何なら疲れているし、

待ち遠しかった週末も睡眠と睡眠による頭痛とネットサーフィンで終わり、

「今日も何もできなかった…」と思ってゆううつだし、

とにかく「新たなエネルギーがわいてくる」ということがなかったのです。


そういう方に向けて、今日は疲労回復のコツをお伝えします!






…それは、「なにもしない」です。




え?そんなことわかっているって?休日も家事育児や持ち帰り仕事で、

なにもしないなんてことができないって?

深刻な悩みを抱えていて、常にそのことが頭を離れないから無理って?



いえいえ、違います。

「なにもしない」は、10分でかまいません。5分でもいいです。


そして、一般的な「グダグダする」「ゴロゴロする」という意味の

「なにもしない」ではありません。

けっこう集中しておこないます。


もちろんスマホを見たり、音楽を聴いたりすることもありません。

旅行やカラオケや登山など、アクティブなことはしません。

「気分転換」とは違います。



「瞑想かな?」と思われましたか?

うーん、たしかに近いですが、瞑想でもありません。


瞑想は、もとから疲労回復できない方がしても、

いろんな雑念やいやな思考がぶわーっと噴き出してきて、

リラックスとは程遠くなるからです。



わたしはぜひ、あなたに「うーん、リラックスしたぁ!」と思っていただき、

「あれ?なんか休み明けなのに、力がわいてくるぞ?」

と思っていただきたいのです。

人生が変わるって、そういうことですよね?

伝わるでしょうか。(ドキドキ…)



では次回、「なにもしない」の方法について、

詳しく説明させていただきます。

何回かにわたるかもしれませんが、

ぜひ楽しみにして、お付き合いください。




こんな笑顔で仕事に行けるかも…!








うしじま☆

18回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示