top of page

夢をかなえた人、夢をかなえてないコンプレックス

こんにちは、牛島です。


最近、若い人たちと話していて感じるのが、

「夢をかなえてないコンプレックス」です。


たぶん、一割もいない「夢をかなえた人」「夢をかなえるために頑張っている人」に対して、「自分はできていない」というとっても大きいコンプレックスがあるような気がします。

自己実現や個性の尊重の弊害って、こういうところに現れるんですねぇ~。

でも、それらを尊重していく方向に教育は舵を切らないと、それはそれで息苦しかっただろうし、教育は変化できていないとかって言われるんだから、世の中難しいものです。


そんな中、クライエントさんのお一人が、長年の夢をかなえられました♡


みて~!!北海道行かれたんですって!!!

北海道の流氷を見ることが、長年の夢だったそう。

かなえることができたこと、かなえる力がよみがえってきたことが、

本当にうれしく思いました。

(あと、とっても真面目な方なんですがお土産がユニークでそこにもきゅん♡としました笑)


私ね、コンプレックスって、「こじらせ」だと思うんですよ。


本当はほしくてたまらないのに手に入らないから、

「ふん、そんなの欲しくないもん」って言っちゃうんですよ。

「どうせ私には無理だもん」って。


それはそれで人間らしくてサイコーなんですが、

「本当にほしいのに手に入らない」ってことは、

「価値観の変更をせまられている」ってことだとも思うんです。


それは、リスクがあってもチャレンジする姿勢かもしれない。

今のコンプレックス以外の価値を見出す必要なのかもしれない。

自分を批判しつづける内面の親との決別なのかもしれない。


「夢をかなえることができない自分」は、何を教えてくれているのでしょうか。

「人生こんなはずじゃなかった挫折」は、何を教えてくれているのでしょうか。


それを見つけて受け入れていくと、夢がかないます。

見つけたときは、「ああ、そうだったんだ」って、ちゃんとほっとできますから安心して。


凍った海が割れ、溶け出て流れ出る。


人生にも、そんな局面があることを、私もあなたも知っているはず。




閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Komentáře


bottom of page