寒さは「敵」じゃない

こんにちは!

雨がざあざあと降って、やんで、

すっかり冬の空気になりました。


温かい飲み物や、お鍋がおいしい季節になりましたねぇ。


昔、ストレスで神経がとがっていたころは、

寒さに非常に敏感で、気持ちが落ち込みやすく、

冷気を突き刺さるように感じて悲しくなっていました。


おだやかな神経回路を手に入れると、

冷気は、ツンとした澄んだ空気に感じられたり、

頭をスッキリさせてくれるような風に感じたりする。

不思議ですね。


やっぱり、世界の感じ方は自分で創っている部分が多いのでしょうね。



地球はただ、冷気や、風や、水分を送ったり取り去ったりしているだけなのに、

なぜ、私たちは悲しくなったり、みじめな気分になったり、苦痛を感じたり

するのでしょうか。


それは、人間の自律神経回路の状態にかかっています。


本当はスッキリ澄んだ気持ちになったり、温かいものを楽しんだりできるはずなのに、

いろんなストレスや、心配事や不安があったりすると、

私たちは常に警戒状態にいて、身体がいつでも闘うか/逃げるかの準備をしています。


「寒い」という刺激すら、攻撃ととらえたり、エネルギーを奪われたりする、

「敵」であると感じやすいのです。


寒さを楽しめなかったり、「寒くていやになっちゃうねぇ」ですまない人は、

自律神経が「警戒状態」になっていると知ってみましょう。


あなたが弱くて、寒さに耐えられないとか、

根性がないから寒くて起きられないのだとか、

そんなことはありません。


敵の攻撃から逃げるため、そしてどうにかして戦うために、

身体は警戒し、心はダメージを受けているのです。


寒くて悲しくなってしまう人は、ちょっと電気代を使ってもいいから、

しっかり暖かくして過ごしてくださいね。

そして、自分はがんばっているんだと知ってくださいね。


心の状態が良くなって、闘わなくてよくなったら、

きっと冬を楽しめる日もくるはずです。

楽しみにしていてくださいね。



24回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示