無意識と仲良くする

こんにちは。

福岡は台風一過、今日は素敵な青空です。

公園でマクドナルドを食べるのに良い日でしたね!(笑)




今日は無意識について。


私たちは、何か問題につきあたったとき、意識で何とかしようとします。

「あれをこうしてこうやって、でもこれはできない」

「あの人にこうしてもらおう、でも嫌われるかもしれない」

など、いろいろ作戦を考えたり、考えた末にどうにもできないことに思い至り、

追い詰められたような気持ちになることがたくさんあります。


そんな時は、「心を真ん中に戻し」てみることも大切です。


真ん中に戻す?


そう、人の視線を気にしたり、未来に「こうなるかもしれない」と不安になったりする瞬間、私たちの心は未来や、後ろ頭や、過去など、どこかに移動しているのです。


そうではなくて、「今、ここ」の真ん中に戻す。

それだけです。

別に、何か特殊な意識状態になったり、「これが真ん中か」と実感する必要もありません。


ただ、「真ん中に戻す」と思うだけ。

余裕があれば、自分の胸のあたりに自分の意識があるようなイメージをなんとなく持ってみてください。それが動いたり、またゴチャゴチャと考え始めたら、「戻す」だけ。

それすらよくわからないのであれば、ただ「真ん中に戻す」と思ってみてください。

辛いときは、「真ん中に戻す」と思ってみてから、悩んでみるのもいいかも。


それで楽になるとか、何か急に物事がよくなるとか、そんなことはありません。(ないのかよwww)


でも、「考えてもどうにもならないこと」の解決は、「考えたことの外」にあるのです。

それが、無意識を使うということです。


無意識は、普段暮らしている私たちの意識では認識できず、感じることもできません。

できないからこそ無意識なのです。


この間みたYouTubeで、ある方が「人間は脳があるから、無限を認識できない」とおっしゃっていて、その通りだなと思いました。

私たちは、問題の背後に存在している、無限にある解決方法や、可能性が全くと言っていいほど見えていません。それは他人から見ても同様です。


でも、人は無意識の力を借りること、すなわち「なにもせずに今ここにいる」ことがすごく苦手で、すごく抵抗します。

これを読んでいるあなたも、「はぁ?」って思いながら読んでいるかもしれません(笑)


その抵抗をうまく利用したり、うまくやわらげたりすることができたのが、現代催眠療法の大家であるミルトン・エリクソンだったのだろうなと思います。


ミルトン・エリクソンの治療の素晴らしさは、「患者に問題とは一見まったく関係のない行動をさせているのに、いつの間にか問題がなくなっている」ことにあります。

それを真似してしまえばいいのだと、最近気が付きました。


問題に対して頑張れること、頑張りたいことがあれば、それをしてみてください。

でも、頑張っているのに何も解決しない状態で苦しいのであれば、その方法では回り道すぎるのかもしれません。


そんな時は、「心を真ん中に戻して」、無意識さんに頼ってみてください。

頼り方がわからないときは、ぜひカウンセリングへ^^





19回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示