心が”楽になる”とはなんなのか?

こんにちは!

秋も深まってまいりましたが、体調などいかがですか?


最近は、本当に調子の良くなる方が多くて、

大きな山を乗り越えた人が持つ、キラキラの笑顔を拝見できることができ、

それが何よりもうれしいです✨✨


でもそうなると、予約の間隔が伸びたり、「困ったらそのとき予約」

という段階に入っていかれますのであまりお会いできなくなり、

寂しくて血の涙を流しながら「次の予約どうされますぅ?(´;ω;`)」って聞いています(笑)



いちじく、今年もおいしかったです…!また来年!


さて、タイトルにある、「心が楽になる」ってどういうこと?ということなのですが、

どういうことなのでしょうか。


毎日毎日私たちは、「心が楽になりたい」と思っているけど、

心が楽になるって、自分にとってどういったことなのでしょうか。


お金が安定して入ってくるようになったら?

就職先が決まったら?

夫の態度が改善したら?

家族の問題が解決したら?


それも大切なことなのですが、それは自分の「外側の状況」であって、

「楽になることそのもの」ではない気がするんです。

問題が解決したら→楽になる、けど、楽になるってどんな気持ちなんでしょうか。


ほっとする

凪になる

あたたかい

すがすがしい


そんな連想が浮かびますが、いかがでしょうか。


現代の日本人は、問題にぶち当たると、ぐるぐると思考で考え、「こうすればいいんだ」という解決策をさがしていることが多いと思います。


1人で悩むということは、思考を深められるということでもあり、

同時に視野が狭くなっていくということでもあります。


それでも一人で悩まざるをえない方々に。


正解は、あなたの「心が楽になる」という感覚です。


「わたしなんていない方がいい」

「もうなにもかもダメだ」

「私はなにもしてあげられない」


そう思ったとき、悲しくなったり、むなしくなったり、


ざわざわ

さめざめ

ぽっかり


などの、不安や悲しみや虚無と言われる感覚を呼び起こされたら、

それは間違いの答えにたどりついています。


ポジティブな答えにたどり着く必要はありません。

でも、心が少しあたたかく、楽しく、脳が凪になる感覚。

それは、あなたの中のあなたが、「正解!」と言っている答えです。

それを探してみてください。


探す旅のお手伝いを、私はしたいといつも思っています。

ぜひ、険しい旅をおともさせてくださいね。






















閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示