災害時の心理で大切なこと【トラウマと災害】

こんにちは。

九州は蒸し暑い日々が続いています。


しかし、熱海では土砂崩れが発生し、

今でも安否確認が続けられています。

生存者の一刻も早い発見と手当て、

そして被害にあわれた方々のケアと回復を

お祈りいたします。


さて、今回は、疲労回復はさておきまして、

災害にあったとき、心理的にはどんなことに注意すればよいか

というテーマでお話したいと思います。



規模はどうあれ、突然やってくる災害というのは

トラウマと結び付けられてよく論じられます。


しかし、一般的なトラウマ障害であるPTSDは、

実は被害にあってから3か月後にも、まだ症状があったり、

3か月以上経過した後に、突然症状が発現する場合をいいます。


それより早い段階(被害発生から1、2か月)での

・フラッシュバック

・被害にあった場所を避けようとする

・眠れない、緊張が続く

などの症状は、急性トラウマ障害ASDといいます。


PTSDでは、専門的なカウンセリングや、投薬治療などが必要ですが、

ASDの場合は、自然な治癒や、周囲の協力によって

早期に回復する可能性も十分あり得ます。


それが、「サイコロジカル・ファーストエイド」です。


これは大規模災害で、専門家の手が行き届かない場合も、

一般の人が心理的にお互いに助け合えるよう考えられたものです。

WHOが発行している手引きの日本語訳がありますので、

落ち着いているときに一読しておくと良いかもしれません。

https://saigai-kokoro.ncnp.go.jp/pdf/who_pfa_guide.pdf


しかし、これは丁寧すぎて、なかなか最後まで読めない人もいるかと思いますので、

私的に、大きな災害時の心理的な支援をするために

大きなポイントと考えている点をお伝えします。


それは、

できる範囲で、「日常を取り戻すことを意識する」です。



これは、相手が子どもや高齢であるほど重要です。

特別なカウンセリング技術や、被害のことを話させたり、

何か癒しのワークなどをするのは、不必要か、もっと先の段階です。


それよりも、

・たとえ避難所生活でも、遊具を作って遊んだり、遊びの時間がある

・周囲の人が普段と変わらないテンションで、とりとめのない話ができる

・普段と同じ生活リズムで、役割としての「仕事」がある

など、「安全な日常」をすごす時間をとることが大切です。


もちろん、ご自身が大きく動揺していたり、普段とちがう生活で疲労がたまっていれば、

無理をして普段通りにふるまう必要はありません。


しかし、隣にいる誰かが、どうにもならない恐怖におびえていて、

何とかその人のためにできないかと考えていらっしゃるとしたら、

どうか、一緒に飲み物でも飲んで、たわいない話をしてあげてください。

子どもであれば、一緒に遊んであげてください。

お年寄りであれば、何かの仕事をしていただいたり、知恵をお借りしてください。

それが、ASDの症状を早く落ち着かせたり、

ひいては、PTSDの症状を予防することにつながります。



どうか、早く本当の日常が取り戻せますように。

その日が来るまで、できる範囲で、日常に戻る時間を作れますように。


ご無理のない範囲で、ご参考になれば幸いです。

では、また次回。

10回の閲覧0件のコメント