top of page

1日5分瞑想

こんにちは!

最近、福岡ではとてもおだやかな気候が続いていて、

私の心もおだやか…♪なうしじまです。


さて、今日は太古から続く、自己心理療法の最高峰、

そして「マインドフルネス」をともなって最先端でもある

「瞑想」について。


瞑想、と聞いただけで、「無理!」と思ってしまう人もたくさんいるかもしれません。


だって、トラウマ持ちの人は、心を静かにする、脳を鎮めることができないから。


ひとたび目をつぶれば、いろんな不安や後悔や悲しみの記憶が襲ってきて、

とてもではありませんが、5分ともたないのではないかと思います。

こんなの、無理よね…。


それは、トラウマを抱える人がもつ「緊張感」がそうさせるのですが、

その詳しい解説はまた今度。


私ももれなくそうでしたが、最近、「そうでもないかも?」と思って、

1日5分だけ、瞑想にチャレンジしてみています。


瞑想のコツはひとつ。

「呼吸の感覚に戻る」だけ。


いろんな思考がかけめぐる⇒呼吸に戻る⇒また思考が襲って来る⇒呼吸に戻る、だけ。

それ以外のことをしなくて良いのです。


アタマがからっぽになっていないことを責めたりする必要もないし、

心が穏やかになる必要もない。

なんなら座らないで寝てやっている。


それが気楽で、少しずつやっているうちに「そのうち穏やかになれたらいいなぁ」」と

思えるくらいに余裕ができてきました。

(文章では伝わりづらいですが、この「余裕」が私になかったもの!)


あと、この湧いては消える「嫌な記憶・思考」から逃げるために、

動画を見すぎたり、お酒が必要だったり、いつまでも不安をちびちび感じる習慣があったりなどしていたのだなと気づきました。

嫌な記憶や思考から逃げずに、ただ湧いてくるのを眺めていくことが、

トラウマのコントロールにつながるのだなと実感している次第です。


目は開けていても閉じていてもいいし、座っていても寝ていても、立っていてもいいし、

5分が難しいなら1分でもいい。

そんなゆる~い瞑想が、楽にできるようになっていくといいなと思いました!

また時折、感想をお伝えできればと思います。


※フラッシュバックがあったり、急性期の症状がある方にはおすすめできない場合があります。通院中の方は、主治医にご相談の上、チャレンジしてみてくださいね。

閲覧数:22回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page