HSPのこと

こんにちは!

オリジナル疲労回復法を早く発表したいのですが、

けっこう気合のいる記事にもかかわらず、

なかなかまとまった時間がとれなくてお待たせしております。

すみません!




さて、来る2021年7月10日に、

私が週1回心理士として勤務している

北九州若者サポートステーションにて、

家族セミナーを開催します。

http://kitakyushu-saposute.com/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/7593/


サポステは、いろんな事情で働くことができない方々に、

働けるようになるための支援や準備を手伝っています。


年に1回、ここでご本人とご家族様向けにセミナーを

させていだ抱いているのですが、

今回はHSPに焦点をあててみることにしました。


HSPという概念は、アーロン博士というアメリカの心理学者が1996年から提唱したものですが、

これがたくさんの「繊細すぎて生きづらかった人」を助けているようです。


発達障害のときもそうでしたが、

ただの怠けや神経質だと思われてきたものに概念が作られると、

「そうだったのかーーーー!!!」と救われた気持ちになれます。


それをどう生かしていくかはご本人次第であり、

けっして「心理学者(精神科医)が、なんでも病気にしようとしている」というわけではないのです。

科学的に正しい概念だからこそ、そして多くの人に役立つからこそ、

疾患や障害、HSPやアダルトチルドレンのような概念がうまれてくるのだ

講演資料を作っていて、ひしひしと感じました。


私は過敏なところと、とても鈍感なところが混在しているので、

自分がHSPであるとは思えませんが、

HSPゆえの苦しみは、実は虐待サバイバーの抱える辛さと一部同じところがあります。


HSPの方々の苦しみや困難を解明し、それを伝え、

HSPを生かして生きていけるよう、お手伝いできればなあと思います。

では、7月10日をお楽しみに!




26回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示